メイン画像

日々生活するうえで

日々生活するうえで、住宅に対して何か不便を感じることもあるようです。家の導線など、生活して不便に気づくものです。そして、家の外に多数の階段がある家は老後は上り下りは大変になるかもしれません。家を探す際には、不便を感じない住まいを考えなければならないですし、自宅をリフォームする選択もあり、検討されてはいかがでしょうか。

ひどい自然災害が多く、国内においては建物には耐震設計することが基準となっています。今は家を建てる時、決まった耐震基準があるようですが昔はそれほど厳しい基準ではなかったといいます。その為に、中古を買う場合には耐震設計がきっちりしているか調査する必要があります。そして日本では地震の震源地になるだろう県が、予測されます。そのような内容も取り入れつつ、住まいづくりのヒントにしてみてはいかがでしょうか。

消費税の増税が報道され、住宅購入を検討している人にも勢いをつけています。消費税はまずは5%から8%となりますが、同様に、住宅ローン控除も200万円より400万円に増額が予定されていて、住宅購入数は増加するだろうと考えられます。しかしながら家を購入すればローン以外にも、固定資産税や都市計画税などを支払う能力が求められます。そして、建物の老朽化に対する修繕費などの料金も、十分に準備しないといけません。